今年の10月から何が変わるでしょう?

mn_logo_b.jpg

こんにちは。税理士法人M&Tグループです。
寒い日が続きますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
さて、本日は「マイナンバー制度」を取り上げてみたいと思います。

今年の10月から個人番号・法人番号が通知され、平成28年1月から順次、社会保障、税、災害対策分野
で利用開始されることが予定されております。
希望者には氏名、住所、顔写真などを記載したICチップ入り「個人番号カード」が配られるそうです。
メリットとして
・行政コスト削減に加え個人の所得状況や社会保障の受給実態を把握しやすくなり、公平な社会保障給付につながっていくこと
・年金などの社会保障給付の手続きや税金の確定申告で、住民票や納税証明書といった添付書類が不要になり、手続きが簡素化されること
などがあげられます。
一方で、デメリットとして
・個人情報漏洩
・番号の不正取得による悪用
などがあげられます。
マイナンバー制度の導入が、国民にとって吉とでるように願いながら、今後の動向に注目していきたいと思います。

facebook

コメントを残す