健康保険料率及び介護保険料率の変更について

健康保険料率及び介護保険料率の変更について画像

こんにちは。税理士法人M&Tです。

さて、本日は1つお知らせを持って参りました!

健康保険料率及び介護保険料率の変更についてのお知らせです。

国の予算編成の遅れから、平成27年度の保険料率の決定が遅れていましたが、
この度厚生労働大臣の認可を受け、健康保険料率及び介護保険料率が決定しました。

健康保険料率は都道府県によって異なりますが、関西を例にあげてみますと

  • 大阪府 10.06%から10.04%へ0.02%の引き下げ

  • 京都府 9.98%から10.02%へ0.04%の引き上げ

  • 滋賀県 9.97%から9.94%へ0.02%の引き下げ

  • 兵庫県 10.00%から10.04%へ0.04%の引き上げ

  • 奈良県 10.02%から9.98%へ0.04%の引き下げ

となっております。

介護保険料率については、

全国一律で1.72%から1.58%へ0.14%の引き下げ

となっております。

また、保険料の変更は例年より1カ月遅れの4月分(5月納付分)からとなる予定です。

注意しておきたい点ですね 😕

facebook

コメントを残す