外れ馬券も経費になるか

外れ馬券も経費になるか画像

こんにちは、大阪駅から徒歩3分の税理士法人M&Tです。

先日、競馬における、外れ馬券は経費になるかどうかという注目の裁判で、最高裁の判決がついに出ました。

この裁判は、競馬の勝ち馬を予想するソフトを使って、インターネット上で馬券の大量購入を繰り返していた大阪の元会社員の被告が、当り馬券で得た通算の払戻金30億円余りを税務申告せず、脱税の罪に問われていたものです。
元会社員は、29億円を外れ馬券も含む馬券の購入に費やしていて、本人にとっての利益は1億円余りでしたが、

所得税法では、必要経費について 「収入の発生に直接要した金額」と定めているので、国税庁は当り馬券の購入費だけしか必要経費として控除を認めていない

ため、起訴された脱税額は5億7000万円 😯 に上りました。

最高裁の判決は…

最高裁判所第3小法廷の岡部喜代子裁判長は、

「長期間にわたり、網羅的な購入をして多額の利益を恒常的にあげ、外れも含む一連の馬券の購入が経済活動と言える場合には、外れ馬券の購入費も経費と認めるべきだ」

とする判断を示しました。そのうえで脱税額を5000万円余りと認定し、元会社員に執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。

国税庁は運用の見直しを迫られますが、競馬の目的が娯楽なのか経済活動なのかをどう見極めていくのか、課税の公平性を保つうえで難しい課題を突きつけられることになりました。

そもそも、なぜ当たり馬券の購入費のみしか経費と認めないのかというと ハズレ馬券を拾い集めるなどして経費の水増しをできないようにするためだとか。

今回の被告男性の場合は、オンラインでの取引をしており、取引内容が明白だった為このような判決になったようです。

いずれにせよ、税額が5億7000万円と5000万円では全然違いますよね。

それにしても、競馬で3年間で1億円も利益を得るなんてほんとすごいです… :roll: 

ご参照URL:http://matome.naver.jp/odai/2135419035244840501?&page=1

facebook

コメントを残す