少額投資非課税制度(NISA)がスタートします!

nisa.jpg平成26年1月から、20歳以上の個人が金融機関に少額投資非課税口座を開設することにより、
一人年間100万円の元本までのその口座での上場株式・投資信託等の取引による利益や配当金に
5年間税金がかからなくなる制度が開始します(ちなみに現在は軽減税率が適用され10.147%ですが、平成26年からは通常20.315%の税金がかかることになっています)

 

<制度の概要>
非課税対象:非課税口座内の少額上場株式等の配当、譲渡益
非課税投資額:毎年、①新規投資額及び②継続適用する上場株式等の時価の合計額で100万円を上限(未使用枠は翌年以降繰越不可)
非課税投資総額:最大500万円(100万円×5年間)
口座開設期間:平成26年1月1日から平成35年12月31日までの10年間
保有期間:最長5年間、途中売却は自由(但し、売却部分の枠は再利用不可。また期間終了後、新たな非課税枠への移行による継続適用が可能)
          
「NISA」を利用するには証券会社や銀行に専用口座を開設する必要があります。
NISA口座は現在のところ一つしか開設することができません。
当制度では、開設する金融機関によって購入できる商品が異なるにもかかわらず、
開設できる口座は一つだけなので慎重に口座開設先を選ぶ必要があると思われます。
NISA口座は、新たに購入した上場株式や株式投資信託等が対象となるため、
現在他の口座(特定口座や一般口座など)で保有しているものをそのまま移管することはできません。
また、NISA口座で生じた売買損失は、課税される他の口座(特定口座・一般口座など)の収益との損益通算はできず、また損失の繰越控除も出来ないことをご留意ください。



税理士 大阪
 NISA 税金 投資 税金 不動産 税金
大阪で税理士をお探しなら、不動産に強い税理士法人M&Tへご相談ください。

facebook

コメントを残す